・「最近会話が減ってきた」
・「私の話を全然聞いてくれない」
・「喧嘩ばかりしている」
・「連絡をくれる回数が減った」

ちょっとした理由で、「旦那は私の事を愛しているのだろうか?」と不安になる女性は、多いのではないでしょうか?

一緒にいる時間が長いぶん、パートナーとの衝突は増えますよね。
付き合っていた頃のように、素直に甘えることができないことってありますよね。
パートナーがそっけない態度だったり、自分の話を聞いてくれないと、当然悲しく不安にな
ります。

「私のこと本当に愛しているの?」なんて直接聞きづらい、かといって誰かに相談するのも恥ずかしい。

そんな、旦那に愛されたい主婦の皆さんに向け、今回はパートナーに愛され続ける 5 つのコツをご紹介します。

1、旦那さんに対して我慢しない

奥さんのパンチ

パートナーの言動などでモヤモヤしたとき、本当に相手にしてほしいことを伝えずに、我慢
ばかりしていませんか?
「嫌われたくない」
「愛されたい」
という気持ちが強いと、人は頑張ってしまいます。

やがて、我慢し、遠慮することが“普通”になってしまいます
自分の本心を隠して、我慢ばかり続けていると、何が起きると思いますか?

たとえパートナーが、愛情を示してくれたとしても、あなたは満足も安心もできません。
なぜなら、パートナーが本当の自分を愛してくれていないことが、分かっているからです。

条件付きの愛情は、いつになっても安心できません。
まず、「本来の自分」をパートナーに見せましょう。
自分の考えや、喜怒哀楽の感情を、言葉にして伝えてもいいのです。
ありのままの自分が愛されることによって、初めて自分が心から、満たされ安心できます。

2、自分が本当にしてほしいことを旦那さんに伝える

夫婦の足

長年一緒にいるパートナーでも、自分の知らない相手の一面は、いっぱいありますよね。
相手の言動が理解できないと、気持ちのすれ違いや、衝突の原因になります。

まずは、自分が相手に本当にしてほしいことを、伝えましょう
「晩ご飯を一生懸命作ったから、褒めてほしい」
「愛情を言葉で伝えてほしい」
「連絡はマメにしてほしい」
など、些細な気持ちでも構いません。

自分の気持ちを相手に伝えることは、最初は恥ずかしいかもしれません。
でも、自分が本当にしてほしいことを伝えないと、不満や不安ばかり溜まっていきます。
そうならない為にも、自分の気持ちは、細目に伝えましょう。

男性は理屈で動くので、やってほしい理由も一緒に伝えると、納得してもらいやすいですよ。
そして、してほしいことをやってもらえたら、素直に喜び、感謝しましょう。
自分がしたことで、あなたが喜んでくれると、相手も嬉しいです。
あなたのことが、愛おしくなり、もっと喜ばせたくなります。

3.旦那さんにされたら嫌なことを伝える

奥さんのパンチ

一緒に暮らしていると、自分がしてほしくないことを、相手がすることってありますよね。
それだけでも、ストレスや不満が溜まっていきます。

「自分が本当にしてほしいことを伝える」と同じように、今度は「相手にされたら嫌なこと」
を伝えます。
例えば
「メールや問いかけを無視されること」
「話している内容や考えを否定されること」
など具体的に伝えます。

相手は好きであなたの嫌がることを、したいわけではありません。
相手は、あなたがなにをされたら嫌なのかを、知らないだけなのです
素直に自分の気持ちを伝えることによって、相手は気を付けるようになります。

何度も伝えることによって、「パートナーにされたら嫌なこと」が減っていくでしょう。
そして、あなたがご機嫌でいる時間が増えると、いつだってあなたのことが、愛おしく感じ
るはずです。
男性は、好きな人が、ご機嫌でいてくれること以上に嬉しいことはないものです。

4、相手の気持ちを聞く

夫婦の人形

相手の気持ちを聞く習慣はありますか?

ついつい、自分の言い分ばかり相手に押し付けてしまうってことも、ありますよね。
自分の気持ちを伝えることは、とても大切なことです。
ただ、自分の気持ちだけになってしまうと、相手は「自分の話を聞いてくれない」と思うよ
うになります。
そうなってしまうと、完全に旦那さんは、あなたに心を閉ざしてしまいます。

自分の気持ちを伝えた後は、相手の気持ちにも耳を傾けましょう。
「私はこう思うけど、あなたはどう思う?」
「嫌だった?」
「それってどういう意味?」
など、相手を責めるのではなく、相手の気持ちを聞き出します。
疑問に思ったことでも構いません。
すると、旦那さんは、あなたが「自分の話を聞いてくれる」と思い、心を開いてくれます。

人は、自分を大切にしてくれる人を、大切にしたいと感じます。

5、お互いの考えをすり合わせる

family

結婚すると、子どもの事お金の事など、話し合いをする場面も増えてくると思います。
そんなとき、意見が合わないときもありますよね。

人は、自分の考えが正しいと思ってしまうものです。
自分と違う意見を聞くと、つい否定して相手を悪者にしてしまうことってありますよね。
でも、それだと話の着地点を見失ってしまいます。
夫婦関係は、一人で完結することばかり続けていると、うまくいきません。

例えば、夫婦の間で何か問題が起きたとします。
・二人は今どんな状況にあるのか
・進めなくなっている原因はなんなのか
・どこを着地点にするのか
これらを二人で一緒に考えることが大切です。

自分の気持ちを伝え、相手の気持ちもしっかり聞くこと。
そして、解決方法を二人で一緒に模索していってください。
一人で完結せず、二人で解決していきましょう。
そうすることで、お互いの信頼関係も深まり、より深く愛しあえるようになります。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、旦那さんに愛され続ける5つのコツをご紹介しました。
「本当に私のこと愛してる?」この気持ちは付き合っている頃にも、一度は感じる気持ちで
はないでしょうか?

相手が何を考えているのか分からなくて、不安になることもありますよね。
自分の気持ちを分かってもらえなくて、悲しくなるときもありますよね。
そんな不安な気持ちは、夫婦になってからのほうが、感じやすい気持ちかもしれません。

長く夫婦生活を続けていくと、誰しも通る道ではないでしょうか?
・自分の気持ちを我慢しないこと
・自分が相手に本当にしてほしいこと伝える
・相手にされたら嫌なこと伝える
・相手の気持ちをしっかり聞く
・お互いの考えをすり合わせて、二人で解決していく
このポイントを意識して、あなたが望む夫婦の在り方を、見直してみてはいかがでしょう
か?

旦那さんから愛され続ける女性になり、夫婦関係も劇的に良い方向へ変わっていくでしょう。