子供が小さい間は、なかなか外に働きに出ることは難しいですよね。

でも、子供がある程度大きくなり、子育てがひと段落すると、働きに出たいと思う主婦の方も沢山います。

仕事をするのは、

・気分転換のため。
・家計を支えるため。
・やりがいのある仕事をしたい。

など様々な理由があると思います。

仕事をすることで、金銭面だけではなく気持ちの面でもプラスの効果が期待できます。

さらに、どうせ働くのなら、何か資格を取ってそれが活きていくような仕事を見つけられたらベストですよね。

でも、家事や育児で忙しい毎日の中、資格なんてどうやって取るの?というあなた、必見です。

今回はそんな

主婦の方でも比較的取りやすく、また、就職先にも困らないオススメの資格

を、厳選して5つご紹介したいと思います。

おすすめ資格1「医療事務」

医者

医療事務は、資格も取りやすく未経験者でも始めやすいお仕事です。

安定して長く続けられ、働き方も正社員、契約社員、パートタイムと選択しやすいので、お子さんのいる主婦の方にもオススメの資格です。

お仕事は、病院やクリニックなどの医療機関で、受付、会計、診療報酬の請求などの事務業務を行います。

内容は大きく分けると3つに分類されます。

・受付
その医療機関の顔ともいえる受付です。
カルテの作成や、会計業務、電話対応などをします。

・レセプト業務
月に一度、その医療機関で受けた医療行為を、患者さんごとにまとめて保険者に請求する業務です。

・クラーク業務
こちらは主に大きな病院での業務です。
大きな病院だと患者さんの数も多いため、病院全体の診察をスムーズに行えるように、医師や看護師をサポートします。

医療事務は、国家資格ではなく民間の資格です。

色々な業務に関連する資格があるので、自分に合ったものを選ぶといいですね。

また、医療事務は通信講座でも学べるので、学習や資格試験も自宅で行えるというメリットが。

家事や子育てをしながら学べるのが嬉しいですね。

おすすめ資格2「介護福祉士」

介護士と老人

介護のお仕事にはさまざまな種類の資格がありますが、介護福祉士はその中でも唯一の国家資格です。

介護の現場で資格を持っていると、任される仕事の幅も広がり、給与面でもメリットがあります。

お仕事内容は、直に身体に触れて行う身体介助や、家事全般を行う生活介助があります。

また、家族に対しても家庭でできる介助のアドバイスや介護用具を使う際の指導もできます。

働く現場は、さまざまな介護施設や、自宅を直接訪れる訪問介護があります。

資格の取得もさまざまな方法がありますが、福祉系の学校を卒業していなくても大丈夫です。

現場で3年以上働き、最短1ヶ月半の実務者研修を受ければ、介護福祉士の受験資格を得られます。

介護業界は最初から資格がなくても働けるので、子育てがひと段落した主婦が、初心者から始めるのには適しています。

何年か実務経験を積み資格を取っている方は沢山います。

介護の現場は慢性的な人手不足なので、資格があるとより重宝されますよ。

おすすめ資格3「リラクゼーションセラピスト」

マッサージを受ける女性

リラクゼーションセラピストの資格を持っていると、働く場所はリラクゼーションサロンやエステサロン、ホテルのセラピストと多種多様にあります。

また、働き方も選択することができるので、主婦でも家事や育児を両立しながら働くというのが可能です。

お仕事内容は、身体と心の疲れを両方からアプローチし癒すというものです。

身体のマッサージのほか、アロマテラピーや音楽などで心の癒しも同時に得てもらうというお仕事です。

ストレスの多い現代では、心身の癒しを求めている人が多く、その両方から癒しを提供してくれるリラクゼーションセラピストは注目されつつあります。

専門のサロンも増えてきています。

資格は特に必須ではないですが、持っているとお店の信頼にもつながるので、就職や転職には有利になりますね。

おすすめ資格4「日商簿記」

計算機

事務系の仕事に就きたいという方は、簿記の資格がオススメです。

簿記には他にも種類がありますが、日商簿記が圧倒的に知名度が高く求人も多くあります。

給与面でも一般事務よりは優遇され、資格手当もつきます。

簿記とは、会社の経営状態や財政状況を明らかにし、一定のルールに従って帳簿に記録するお仕事です。

簡単に言うと、会社のお金の流れを明確に記録するということですね。

商工会議所が主催している検定なので、国家資格ではありません。

1〜4級の試験がありますが、初心者が受けるのは3級からが多く比較的受かりやすいレベルです。

通信制の講座もあり、価格もリーズナブルなので主婦にはオススメの学び方だと思います。

簿記の知識はあらゆる分野で活かせるので、多方面で重宝され持っていて損をするということはありません。

一定のスキルを身につけていれば、出産や育児などで一旦やめても再就職しやすいのでオススメです。

おすすめ資格5「調剤薬局事務」

薬

調剤薬局事務は、医療や調剤の経験や知識がなくてもできるお仕事です。

ただ、医療事務に比べて求人の数が少ないので、資格を持っていると就職には役立ちます。

資格試験は、受験資格などもなく初心者でもチャレンジしやすいです。

難易度も比較的低いので、子育て中の主婦にも簡単に取れるということから人気の資格です。

お仕事内容は、窓口での患者さんの対応です。

薬を実際に取り扱うのは薬剤師で、その補助的な役割りを担っています。

後は、会計、毎月のレセプト業務などです。

実際に窓口で患者さんと直に接するので、コミュニケーションスキルや清潔感も求められます。

調剤薬局は、病院に隣接していることが多く、全国どこにでもあるので、就職には困りません

また、働く時間帯も選択しやすく、家事や育児をしながらでも両立できるのでとても人気があります。

まとめ

以上、今からでも遅くない!主婦にオススメの資格5選をご紹介しました。

主婦が仕事を持つということは、家庭との両立も考えないといけないので簡単なことではないですよね。

そこに、子育て中のお子さんがいれば家事、育児、仕事と本当に目のまわるような忙しさだと思います。

でも、一度資格を取っておくと、色々な面でメリットがあり先々自分の身を助けてくれるものとなります。

又、家事や育児との両立をすることで、自分自身の息抜きにもなり充実した毎日を過ごす源にもなります。

働くということは、

「ハタハタを楽にする」という意味があると聞いたことがあります。

ハタハタを楽にするということは、周囲の人を楽にすることです。

本来、働くということはここから始まったのかも知れません。

仕事によって、社会や世の中のために役立つ喜びを得られること、これもまた働くことの大きな意味であると思います。

あなたのやりがいや生きがいとなり、将来の大きな力となってくれる素敵な資格に出会えることを願っています。