外に働きに出たいけどなかなか状況が許さない。そんな主婦の方は沢山いると思います。理由は、子供が幼いことや、自宅で親の介護をしていたり、病気を持っていたりと様々あると思います。外には働きに出られないけど、在宅でわずかでもいいから稼ぎたい!と思うなら、内職はいかがでしょうか? 内職というと、昔からのイメージで、夜なべをして頑張っても月にわずかしか稼げない!という印象があるかも知れません。確かに、内職はそういった面もあります。 特に、手作業でコツコツやっていくタイプの物だと、賃金も労働の割に合わないと感じる方も多いようです。しかし、現代ではインターネットの普及などで、内職の種類も幅広く増え、効率的に稼げるようなものも出てきました。もちろん手作業でコツコツやるのが好き!という方もいますし、賃金に見合わなくても自分が苦にならずに出来るのが一番いいですよね。自分には何が向いているのか?ということを考え、自分に合ったものを探せばいいのではないかと思います。今回は、主婦の方が取り組みやすい内職を7選してみましたので、参考にしてみて下さい!

シール貼り

シール貼りは主婦の間では定番の人気のある内職です。簡単で頭を使わず淡々とできるからです。 特別なスキルもいりません。出来高制なので、1枚貼っていくらという計算になります。 平均して大体1枚の単価が、0.1円〜2円くらいだそうです。 貼り方がはみ出していたり、よれていたりするとやり直しになる事もありますので、そうなれば時間も手間も大きなロスになります。 丁寧に根気よくコツコツできる人には向いている内職だと思います。

袋詰め

袋詰めは、商品を袋に入れて封をしていくお仕事です。ボールペン、ティッシュ、お菓子、説明書など種類はさまざまあります。 こちらも手作業なのでコツコツと丁寧にできる方が向いています。 商品を手元に置かないと出来ない作業なので、在庫がかなりの場所を取ってしまうという難点もあります。 平均して1袋の単価が0.5円~5円位だそうです。シール貼りよりは少しだけ単価が高いように思いますが、 1つにかかる手間と時間を考えると、時給換算にすると同じようなものとなります。

宛名書き

宛名書きは、自宅に郵送されたものに、宛名を手書きで書いていくというお仕事です。 字のきれいな方にオススメのお仕事です。宛名ですので誤字は許されず、慎重さと集中力も要するお仕事です。 ミスしたものは買取となるので、片手間の作業という感覚ではできません。 平均価格はこのようになっています。 ・普通の封筒やハガキ→1枚3〜5円 ・招待状などの毛筆→1件30〜200円 ・筆耕(ひっこう)→1枚200円〜300円 筆耕とは、結婚式などの招待状や賞状などの宛名書きです。こちらはグンと単価が上がりますね。

テストの採点・添削

テスト採点の内職 テストの採点、添削は、自宅に答案用紙が郵送され、それを手書きで採点・添削していく内職です。 この他、PCを通じての作業もあります。○や×だけではなく簡単な解説やコメントの記入を求められる事もあります。 採点マニュアルがあるので、それに沿ってやっていけば難しい事はありません。 PCの方は専用ソフトを入れ作業しますがこちらも簡単にできるそうです。 1枚当たりの単価になりますので、こなした枚数分の賃金が発生します。 1枚、採点・添削して60円~300円ほどだそうです。 時給換算すると、大体平均して900円から1100円という事ですので割りのいい内職ではないでしょうか?

データ入力

データ入力は、単純な作業で資格や技術もいらない内職のでパソコンに詳しくない人でも簡単にできます。 まず、クラウドソーシングサイトに登録して下さい。データ入力は仕事の数も多くコンスタントに出ています。 初めは不慣れなタイピングも、慣れていけば作業効率も上がるのでその分報酬も増えていきます。 1件につき10〜50円が平均的な単価です。

音声の文字おこし

音声の文字おこしというと、特別なスキルを求められるのでは?と敬遠する人も多いのですが、今はそうでもないようでスマホでも出来るそうです。 基本的には音声を聞いて、ストップをかけ、聞いたものを入力していくという単純作業です。 タイピングの早い人だと、ある程度聞きながら打てるので、得意な人にはオススメです。 1文字1円くらいなので、慣れてくれば時給換算すると500円~1,000円も可能だとのこと。 こちらもクラウドソーシングサイトに登録すると沢山お仕事が出ています。

webライター

webライターはネット上の記事を書くお仕事です。記事を書くなんて難しそう!と思う方もいますが、 webライターは書くことが好きなら初心者からでも出来る内職です。 PCとネット環境さえあればどこにいてもできるので、最近主婦の間ではとても人気が出てきているお仕事です。 働き方は様々ありますが、初心者から始めやすいのは、クラウドソーシングサイトに登録してお仕事をみつける方法です。 初心者だと、一文字0.1円~0.5円くらいですが、実績を積み、慣れていくと文字単価の高い仕事もできるようになります。

内職と在宅ワークの違い

基本的にPCを通したお仕事の多くは、在宅ワークと呼ばれ内職とは少し位置付けが違うようです。 内職は『労働者』というのに対して、在宅ワークは『個人事業主』という扱いになります。 手作業の多い内職は、単価も低くとにかく数をこなさなければ満足のいくお給料になりませんが、単純で頭を使わずできる手軽さから、今なお根強く人気があります。 様々な求人広告やネット上での募集がありますが、内職詐欺とよばれる詐欺も多いそうなので、一番安心なのは知り合いに紹介してもらうという方法です。 紹介なら、仕事内容も事前に分かっていて、変な仕事をまわされる心配もありません。 インターネットを通した在宅ワークは、単価は内職よりはいいのですが、その分求められるものも様々です。 在宅ワークはクラウドソーシングサイトなどに登録してお仕事を探すのが、初心者には一番安心です。

まとめ

主婦の資格勉強 以上、主婦におススメの内職7選をご紹介しました。 今の時代は本当に様々な種類の内職がありますね。 自宅にいながらお仕事ができるというのは様々なメリットがあるのではないでしょうか。 ・幼い子供と一緒に過ごせる。 ・子供の病気で急なお迎えや早退にも対応できる。 ・自分のペースでできる。 ・煩わしい人間関係がない。 その分、働きにでることを思うとお給料はグッと低くなります。 自宅でできる内職や在宅ワークは、そんなに割のいい働き方ではないのですぐに辞めてしまう人も多いそうです。 長く続けていくには、自分に合った仕事をみつけ、無理なく作業できるものを選ぶことがコツではないでしょうか。 今回ご紹介した7選を参考に、ご自分に合った内職を見つけて下さいね!