女性の社会進出に伴って晩婚化が進み、30代で独身という女性でも、今は肩身が狭いと感じるようなことはありませんよね。でも、やっぱり周りの女友達から「結婚」という言葉が出てくる機会が増えるのが30代。彼氏がいてもいなくても、「結婚」と聞くとちょっと心がざわついてしまう年代ですよね。
意中の人や付き合っている彼がいない場合は、出会い系のアプリや紹介所などの広告が目に付きはじめる年頃かも知れません。
実は、結婚願望があっても結婚できない30代女性に共通するポイントがあるのは知っていましたか?今回は、ここをクリアすれば結婚に一歩近づけるというポイントを見ていきましょう。

客観性のなさが結婚を遠ざける

30代といっても、まだまだ若く美しい女性は多いですよね。
逆に、20代にはない、女性としての艶やかな美しさが増すのが30代です。でも、結婚を考えるなら、若い子と比べても自分はまだまだイケているという思いは邪魔になってしまうかも知れません。
もちろん、もう歳だから…と思いなさい、と言っているわけではありません。30代という年齢に掛かった自分のことを客観的にみることが結婚への近道となるのです。

歳相応の美しさが大切

自分がまだまだイケる!と思っていると、どうしても若作りしてしまったり、他の女性と張り合ったりしてしまいます。他の人と競う気持ちは仕事上では大切ですが、結婚となると逆。仕事で競い合って疲れた男性が、家に戻って妻に求めるものはやすらぎです。他の女性と競争して美しさを保つのではなく、自分らしい美しさ自然な美しさを大切にしましょう。

必死さを抑える

また、「まだモテる!」と思っている人には、周りから見ると必死さが感じられる可能性があります。
流行のファッションをやたらと追いかけたり、高級な化粧品をやみくもに使っていませんか?30代の女性なら経験から分かると思いますが、自分が彼氏が欲しいと思っている時ほど彼氏はできないですよね。自然体でいることが一番大切です。

結婚相手の条件が高い

結婚相手に求める条件が高すぎる場合は、結婚までたどり着くのが難しくなります
当たり前過ぎるポイントにように聞こえますが、実は、意外と気づいていない人が多いのです。それは、「高い条件なんか求めていない」と思っている人が多いから。一般的に見たら高い条件ではなくても、「私はこうじゃなければ駄目!」という “自分ルール”があることは危険です。
大切なのは相手に対しての柔軟性です。本当に「こうじゃなければ駄目」なのでしょうか?他にその目標にたどり着ける道はないのでしょうか?思い込みによって、自分で自分の首を締めていないかをチェックしてみましょう。

男性側に頼り切らない

確かに、「現実的な相手への条件」というのは大切です。でも、そこに男性側だけに頼り切った気持ちはありませんか?
例えば、結婚生活を送るにあたってある程度のお金は必要ですよね。だから、収入ができるだけ良い人、貯金や資金が豊潤にある人と結婚したいという考え方は間違っていないと思います。 でも、もし自分が求める収入が相手になかった場合、それだけで彼氏・結婚相手としてNGを出すのはもったいないことです。
30代ならある程度キャリアも積んできていると思いますので、自分の収入を足したら、理想の世帯収入に近づくならそれでも良いのではないでしょうか?夫の収入だけでこのくらいないと暮らしていけない、というのは、単なる自分で決めたルールです。
自分で決めたルールに気づかず、柔軟な対応ができない人は、自分で自分の結婚の可能性を狭めている可能性がありますよ。

条件に合う人に見合う自分でいる

相手に条件を求めれば求めるほど、自分に求められる条件も高くなります
そのため、きちんと自分磨きをしていきましょう。ネイルやヘア、ファッションを気遣うという意味ではなく、自分の中身を磨くことが大切です。
付き合うだけの相手ならば綺麗にお化粧やネイルをしていて、キラキラしている女性に惹かれるかも知れませんが、外面だけキラキラしていても自分磨きを怠っているのは付き合っていくうちに男性にも分かってきます。結婚という二文字を出させるのは、料理が上手だったり、聞き上手だったり、仕事を頑張っていたりする姿です。逆に、毎日ネイルを変えることにばかり気を取られている姿などは、お金にルーズだったり、結婚には向かないと思わせてしまいます。

結婚相手を受け入れる気持ちが足りない

家庭を築くことは、助け合っていける信頼関係を築くことです。
そのためには、お互いが自立して相手を思いやる気持ちを持っていなければ続きません。結婚を考えている男性の言う事なら何でも受け入れるという意味ではなく、自分が、周りの人に優しい気持ちで接しているかどうかということを問いかけてみましょう。
自分のことは棚に上げて、人に文句を言っていませんか?誰かの悪口を言っていませんか?人にも自分にも素直になっていますか? 他人に対しても自分に対してもありのままを受け入れることができたり、人の言葉に耳を傾けることができる人は、顔や雰囲気に優しさや心の柔軟さが現れてきます。受け入れて許す心を育てるようにしましょう。

まとめ

結婚するということは、結婚相手に幸せにしてもらうのではなく、二人で幸せになるということですよね。
結婚できないと思っている30代女性は、自分に見合う相手に巡り合わないということだけが問題なのではありません。結婚にたどり着けない問題はあなた自身にある可能性もあるのです。
素敵だなと思える男性はもう結婚していた、ということってよくありますよね。あなたが素敵だと感じる男性は、どの女性から見ても素敵で、一緒にいたいと思わせる魅力に溢れているのです。同じく、男性が素敵だなと思う女性は、すでに結婚していたり、結婚を前提とした彼と付き合っていたります。ちょっと辛口ですが、30代になったから結婚したいのに良い相手がいないと悩んでいるあなたには、男性が一緒にいたい、結婚したいと思う魅力が足りないからかも知れません。
自分を見直す時期に遅すぎることはありませんが、女性は、現実に子供を産むリミットなどがあります。いつかは結婚して、子供のいる家庭を築きたいと思っているなら、今、ちょっと真剣に自分を見つめてみましょう。柔軟性を持つことや相手を許す心をもつことは結婚にたどり着くのに大切なだけでなく、良い母親像へも繋がります。そして、あなたのキャリアを含めた、人生すべてにきっと良い影響を与えてくれるでしょう。