早速ですがみなさん。

今、いわゆるワンオペ育児をしているママの割合ってご存知ですか?

とある企業の調査では 6 割のワーキングママがワンオペ育児をしていると回答。

別の企業での「子育て悩み調査」の結果では 4 割以上がワンオペ育児をしているという結果だったそうです。

およそ母親の 2 人に 1 人はワンオペ育児をしているということです。

ワンオペ育児になる原因としては

  • 「夫が育児に協力的ではない。」
  • 「夫の帰りが遅い。」
  • 「育児はママの仕事と思われている。」
  • 「近くに頼れる人がいない。」

などが原因になっています。

産後のママはただでさえ体力も十分に回復しておらず、ホルモンの影響で精神不安定になりやすいです。

そのせいで産後うつなんて言葉もよく耳にします。

そんな一生懸命がんばっているママが疲弊してしまう前に、なんとかワンオペ育児を乗り切れるよう、ポイントを3つお話したいと思います。


目次
1 自分にも相手にも完璧を求めない

2、 パートナーと話し合いの時間を作る

3 思い切って交流の場に参加する


1、自分にも相手にも完璧をもとめない

ママさんって 1 日にやることが本当にたくさんあります。

いつもの家事にくわえて赤ちゃんのお世話。

朝から晩まで、寝てる時間までも拘束されているんです。

パパは外に出て仕事をしてきたというわかりやすいオンオフがあります

でも、ママさんにはそれがないんですよね。

それってものすごいストレスになったりします。

「一生懸命我が子のためにできることをしてあげたい」

そう思えば思うほど無意識に完璧でなければいけないと思ってしまうママも多いと思いま す。

もちろん、完璧を求めることは悪いことではありません。

でもそんな人ってホントにいるんでしょうか?

よく、SNS を見て周りのママが眩しく見えたりしまよね。

でも SNS でその人の全てって本当にわかりますか? (もちろん素敵な部分があるのも事実です)

でも、だからってあなたが劣ってるってことにはなりません。

完璧じゃなくても今いるあなたができることを精一杯やっている、 それが大事なんです。

絵本読み聞かせ

ご主人に対しても 「なんでそんなことできないの?」

そんな風に思ってしまうことってあると思います。

ママさんは四六時中我が子と一緒にいますよね。

次第に子供が何を求めているのかかがわかるようになってきます。

ママは育児と家事で常に時間に追われているからこそ、いかに時間を上手く使うか徹底しています。

でも、父親はたまの週末、数時間やっと子供と一緒にいるだけ。

「本当に困ったときはママが助けてくれる」と、どこか第三者的なボジションになってしまいがちです。

だからこそ完璧なママさんがいると父親の出番は少なくなってしまうんです。

でも、ママさんがちょっと頼りなかったりおっちょこちょいだと意外にパパが頼もしくなったりします。

時には頼りないママさんの演技でもいいかもしれません。

なんなら上手くできない自分を責めるんじゃなくて夫婦で子育てするために失敗したんだと思えばいいんです。

そんなふうに自分にも相手にも失敗を許せるようになったほうが家族って上手く回ったりします。

2 、パートナーと話し合いの時間を作る

子供ができてから夫婦の時間って減っていませんか?

たしかに子供ができたらそれだけで手一杯。

自分の時間さえもままならないのに夫婦の時間なんてもってのほか、そう思うのは当たり前です。

でも、そのままだと認識の違いがどんどん増えていって、そのうち取り返しのつかないことになりかねないんです。

週に1回でもいいです。

向き合うことからは決して逃げず、あなたが子育てに対してどう思っているか? ご主人にはどうして欲しいか?話してみてください。

きっとご主人もご主人なりの都合や思いがあるとおもいます。

1回の話し合いですべて解決しようとせず、少しずつ歩みよって、変化して成長できたらいいのです。

子育ても長い道のりですから。

3、思い切って交流の場に参加する

子育てしてるといろんなことで悩みますよね。

こんなことで悩んでるの自分だけかもしれない、そう思ったりもします。

でも実は同じ気持ちのママさんって結構多いんですよ。

  • 「子供の生活リズムがあるから決まった時間の集まりになかなか参加しずらい。」
  • 「気の合うママ友がいるか心配。」

そんな風に思っているママって山ほどいます。

ちょっと行ってみようかな? その程度でいいんです。

近くの児童館、流行りのベビーマッサージ、習い事の体験などなんでもいいです。

だいたいそのような所に来てるママさんって、似たような境遇だったりします。

もしそこで仲良くなれたら、すごくラッキーなことだし嬉しいことです。

子供もママさんも世界がまた 1 つ広がります、みんな我が子のためにそれなりに苦労しています。

とにかくあなたは 1 人じゃないし、みんな同じだってことを知って欲しいんです。

これからきっと我が子も何度も新しい世界に 1 歩を踏み出していきます。

だから子供と一緒に1つずつ経験していってください。

まとめ

家族3人

いかがでしたか?

今回はワンオペ育児を乗り切る 3 つのポイントについて紹介させていただきました。

育児って本当にすごく大変ですよね。

でもすごく幸せな瞬間もたくさんあります。

それは育児をしているあなたが 1 番わかっているはずです。

一生懸命努力しているママさんの姿をお子さんはちゃんとみています。

時には休みながら、長い道のりをゆっくり進んでいってくださいね。